電子決済サービスによるキャッシュレス化 - 自販機販売(新品/中古)ARXLINK

お問い合わせはこちら!

電子決済サービスによるキャッシュレス化

電子決済サービスによるキャッシュレス化

近年、電子決済サービスによるキャッシュレス化が進んでいます。日本政府は2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%まで引き上げるという目標を掲げており、キャッシュレス決済に対応する店舗は年々増えていますが、その動きは店舗だけでなく自動販売機にも広がっています。

現状では、電子決済に対応した自販機の数はそこまで多くはありませんが、キャッシュレス決済であれば現金を持っていなくてもドリンクを購入することが可能です。加えて、現金払いとは異なりポイントを貯められる、感染症のリスクが極めて低いといったメリットもあります。そのため、自動販売機で電子決済を使いたいという方は非常に多いかと思いますが、一方でその使い方が分からないという方も少なくないでしょう。そこで、今回はキャッシュレス決済対応自動販売機の使い方を分かりやすく解説していきます。

電子決済対応の自動販売機の使い方としては、まず購入したいドリンクを選択します。次に、自販機の読み取りパネルから電子マネーやクレジットカードなどの支払い方法を選択しましょう。後は、スマートフォンやカードを読み取り機にかざすと、支払いが完了して取り出し口からドリンクが出てきます。

また、自販機によっては、一度読み切り機にスマートフォンやカードをかざさないとドリンクが選択できないものもあります。このような自販機の場合は、まずスマートフォンやカードを読み取り機にかざしましょう。すると、ドリンクが選択できるランプが点灯するので、希望のドリンクを選択します。最後にもう一度スマートフォンやカードを読み取り機にかざすと、支払いが完了して取り出し口にドリンクが出てきます。

このように、キャッシュレス対応の自販機の使い方は非常にシンプルです。加えて、ほとんどの自販機には操作方法が記載されているので、初めての方でも特に戸惑うことなく使用できるでしょう。ただし、専用のアプリケーションが必要な場合は、事前にスマートフォンにアプリをインストールしておく必要があるので注意が必要です。

また、キャッシュレス決済に対応しているかどうかは読み取りパネルがあるかどうかで判断可能ですが、使用できる支払い方法は機種によって異なります。多くの方が利用している電子決済であれば使用できる可能性が高いものの、ほとんどの機種には使用できる支払い方法のステッカーが貼ってあるので、自身が希望する支払い方法に対応しているか確認した上で利用しましょう。

自動販売機の電子決済の種類について

自動販売機といえば現金での支払いが一般的ですが、近年は電子決済の普及に伴い、キャッシュレス決済が使えるケースが増えています。

使える電子決済の種類は増加中ですが、既に確認されているものだけでも、nanacoやWAONにQUICPayなど、割りとメジャーなサービスが対応済みです。また楽天EdyやiDも対応しているところがありますから、ますます電子決済が使える自動販売機は増えて、対応する種類も増加するものと予想されます。

このように、普段コンビニなどで使っている方法で気軽に飲み物が買えるのが魅力ですし、小銭を持ち歩かなくても良くなるのは見逃せないメリットです。実はクレジットカードが使用できる自動販売機もあって、VISAやJCBにMasterCardなど、大抵の主要な国際ブランドのカードが使えます。ただ、使えるところ自体が限られているので、カードが使えることを知らない人が少なくないといえるでしょう。

コカコーラ社のマルチマネー対応自動販売機は、電子マネーにクレジットカードとデビットカードにも対応しています。LINEPayにも対応していたりするので、クレジットカードやデビットカードを持っていない人にも使いやすいです。豊富な種類に対応していますが、機械によって使える電子決済方法が異なるので、買い物をする際には予め確認してから出向くか、念の為小銭を持参することをおすすめします。

アサヒ飲料のTenTen対応自動販売機は、名前のようにTenTenアプリを使用する形で決済を行います。TenTenはクレジットカードでチャージをしておけば、後はアプリを使って飲み物を買うことができます。イオンはコード決済に力を入れている傾向で、LINEPayの他PayPayやauPAY、d払いやメルペイにも対応です。WAONと交通系電子マネーに対応していましたが、更にこれらのコードも使用できるようになりました。

ちなみに豊富な種類に対応しているのは、全国のイオンの店舗に設置されているイオンディライト自販機です。

電子決済での買い物は、現金決済の場合と少し異なり、商品を選び支払い方法を選んでスマホやカードをリーダーにかざす流れです。アプリを使う場合は、スマホにアプリを入れて利用登録を済ませておく必要があります。オフィスペイのように、社員証で決済できる面白いサービスも登場していますから、今後はもっと対応する種類が増えるものと思われます。

自動販売機はスマートフォンなど電子決済で使える?その使い方は?

コンビニエンスストアでの支払いはスマートフォンを利用すると電子決済で払えるので、現金を持っていないときでも買い物ができて大変便利です。ちょっと近くのコンビニエンスストアで買い物したいときなど、お財布を持って行くことを忘れていてもスマートフォンなら肌身離さずに持ち歩く人が多いことからも、このような支払い法が利用できる重宝します。

実は、スマートフォンの電子決済は色々な場面で活用できることをご存じでしょうか。代表的な使い方として駅などに設置してある自動販売機があり、これもスマートフォンの決済型電子マネーが利用可能です。ただし、対応している自動販売機には「電子マネーが使えます」などのように表記されている機械のみになるので、利用するときにはこの表示の有無を確認しておきましょう。

自動販売機で電子マネーを使うときの使い方ですが、一度読み取り機にスマートフォンをかざしててから飲み物を選択できるランプが点灯した段階でボタンを押します。最後にもう一回スマートフォンをかざすと支払いが終了です。機械により、先に飲み物のボタンを押してから携帯電話をかざすだけで支払いができるものもあるのでこれから利用しようとしている機械がどのような種類になっているのか把握する、それと使い方には2つのタイプがあることを把握しておけばスムーズな買い物ができるのではないでしょうか。

なお、操作方法は電子マネーの種類によっても変わるのですが、利用できる自販機の場合は機械に操作方法が記載してあるので初めて利用するときなどその方法を確認しながら行えば誰もが簡単にジュースやミネラルウォーターなどの飲み物、その他の商品を販売する自販機でも利用できます。

従来は、オフィスや工場などの場合は売店があってそこで買い物をする形が一般的でしたし大手のコンビニエンスストアが出店していることもあるので、一度は多くの人々はこのようなお店を利用した経験を持つといえます。最近は、店舗ではなく食品用の自動販売機を設置することが多くなっているのですが、これは機械を設置することで人件費を削減できるメリットがあるわけです。

ちなみに、このような自販機はコンビニ自販機と呼ぶのですが、機械の設置はお店を出店するのとは異なり場所を取りませんし、これまで出店ができないオフィスビルなどでも機械なら許可が下りるなどのメリットもあるので徐々に有人の店舗から自販機へのスタイルに変化しています。

自販機設置に関する事は何でもご相談下さい!専門スタッフによる無料相談実施中

050-3702-5465
営業時間:9:00 ~ 21:00 (年中無休)

上へ
下へ