販売の月々に掛かる電気代や電気料金について - 自販機設置ARXLINK

お問い合わせはこちら!

自販機の電気代は、平均で約2,500/月(新型自販機の場合)

自販機の電気代は、平均で約2,500/月(新型自販機の場合)

以前から自販機を設置されている方は、自販機は電気代は高いと言うイメージがあるかと思います。
以前は自販機の電気代は、¥5,000~8,000ぐらい掛かると言うのが一般的でした。
弊社で取扱いの自販機は、「節電タイプ」の自販機を使用している為、電気代が¥2,000~¥3,000(季節変動あり)でご利用頂けます。

自販機を設置する前に無料調査があるので安心!

設置する前に無料調査があるので安心! 専門スタッフが、ご契約前に設置場所へ伺い無料調査を行います。
調査は、統計上のデータを用いて月に何本売れるか予測し調査を行います。
調査方法の例としてマンションなどの集合住宅の場合をご紹介します。

マンションなどの集合住宅に自販機を設置する場合などは、立地条件などによって異なりますが月に一室10本程度売れると言われています。
マンションの入居者様以外にも、近くに駐車場があったり、人通りのある歩道に面して設置が可能などの条件があれば、さらに売れる場合もありますし、マンションの部屋数と周りの立地条件で売れる本数も変わってきます。

また、一般的には集合住宅の場合、単身者の方が多く入居されている場合の方が売れる傾向にあるようです。
様々な条件などを専門スタッフが現地を生で見て判断し無料調査を行います。

自販機の月の電気代は1日缶ジュース約2.8本(新型自販機の場合)

設置する前に無料査定があるので安心! 自販機設置で一番気になるのは、月々の電気代ですよね!
次に月々の電気代は、実際に何本売れば稼げるのか気になるところです。
目安としてですが、新型の節電タイプの自販機で月の電気代を2,500円とし、缶ジュースの価格を1本120円で設定した場合は1日2.8本の缶ジュースを販売すると一カ月の電気代が稼げる計算になります。
あくまでも上記の条件を仮定とした場合の計算なので、季節や立地条件などで状況は異なりますが目安として参考にして下さい。

新型自販機の電気代が安い秘密は「ヒートポンプ式」で最大75%節電

新型自販機の電気代が安い秘密はヒートポンプ式で最大75%節電(ECO/エコ) ヒートポンプ式自販機とは、冷却庫室で発生した熱を回収し、加温庫室で活用するシステムを搭載した自販機です。
ヒートポンプ式自販機は、従来式の自販機と比べ電気代を最大で1/4まで節電・削減し月々のコストを最小限に抑え省エネに大きく寄与します。

上へ
下へ